2005年05月01日

トラックバックのマナー〜トラックバックの相手先を記事内に引用する〜

ブログを始めてみて、ブログ特有のシステムの中で一番理解しづらかったのは、やはりトラックバックでした。コメントについてはすぐに理解できたのですが、悩んだのはトラックバック……それも、そのマナーについてです。

トラックバックの操作については、やってみるとそれほど難しいものではありませんでした
(トラックバックの操作自体についてつまづいている方は、是非「ブログ(ウェブログ)入門講座〜今日からブロガー」の、「ブログ入門 準備編 トラックバックを送信するには?」をご覧下さい。図解入りで初心者の方にもわかりやすく解説していらっしゃいます)。

私が悩んだトラックバックのマナー……、それは何かというと。

私がもし、この記事内に何の説明も引用もせず、リンクも貼らずに別のブログにトラックバックしたとします。
すると、トラックバックされた相手先の方には私の記事へのリンクが強制的に貼られるわけですが、私のブログにはトラックバック先のURLはまったく表示されないのです。

たとえば、私がこの記事を書く時、もしも100のブログにトラックバックを送っていたとしましょう。すると、相手先のブログには私の記事へのリンクが貼られるので、その記事を読んだ人は私のブログに辿り着くことができます。しかし、そのトラックバックした100のブログについて、私がこの記事の中で何もふれていなかったとしたら……。
私の記事だけ読んでいる人には、私がどのブログにトラックバックを送っているのか、まったくわからないわけです。トラックバックを送りつけられた相手先には何のメリットもありません。

そもそもブログの長所は、沢山のリンクが相互に貼りめぐらされているため、読者が関連記事を簡単に辿って読むことができる、という点にあるはずです。

ということは、読者のことを考えても、トラックバック相手先のことを考えても、トラックバックを送る際には、相手先の記事に対してこちらからもリンクを貼る必要があるのではないでしょうか。

調べてみると、やはり私と同じ考えの人が多いようですので、私は現在はこのルールに則って、トラックバックを送るようにしています(そして、基本的にはトラックバックを受け取っても、こちらについて何も言及がなかった場合は、コメントを返したりトラックバックを返したりはしていません)。

たとえば、いつもコメントやトラックバックを送って下さるどんきちさんのブログ、“ブログの設定、操作編「トラックバック」”では、トラックバックの注意事項として
“「本文」にトラックバック先の「閲覧URL」を指定してリンクを貼る。”
と説明して下さっています。
そして、その記事内でどんきちさんが、「ブログ入門 準備編 トラックバックを送信するには?」を紹介して下さっていたおかげで、私はoKiさんのブログ「「ブログ(ウェブログ)入門講座〜今日からブロガー」に辿り着くことができました。

そして、oKiさんもやはり
“ここは基本にのっとり、記事の引用をし、リンクを貼った時に、トラックバック送るようにしましょう!そうすることで相互リンクになります。”
と説明されていました。

トラックバックをどう送ったらよいかわからない、送ろうかどうしようか悩んでいるという方は是非、上記お二方のブログをご覧になってみて下さい。トラックバックをどう送ったらよいかがわかりやすく解説されています。

また、私がこの記事を書くほんの少し前に、Seesaaブログ内で同じことをおっしゃっている方がいるのを発見!(しかも、私の説明よりわかりやすいと思いますので、是非ご覧下さいませ)
midoさんの「おきらく生活。」の「正しく使いこなしたいトラックバック機能」。
「人のブログへトラックバックしておきながら、自分の記事で参考にさせていただいた記事へのリンクが無いなんてありえないでしょ?」
とおっしゃっています。まったくその通りだと私も思います。
midoさんが、「正しく使いこなしたいトラックバック機能」記事内でリンクして下さっている松永英明さん「絵文録ことのは」の「トラックバックの有効な使い方を考える」も非常に参考になりました。是非、ご覧下さい(関連記事をリンクにしてまとめて下さっているのでわかりやすいかと思います)。

そして、このマナーを忘れないようにすることで、ブログが読者の方にとって有益な情報を辿っていきやすい場になるとよいなぁ、と思っています。

トラックバックについては自分の中でのマナーが確立し悩むことはなくなりました。しかし、最近になってまた悩み始めているのは、コメントのマナーです。

私は比較的コメントが長くなってしまうのですが、それは相手にとって迷惑なのではないか?
それなら、コメントではなく記事として書いてトラックバックした方がスマートなのではないか?

と、思うようになりました。

そう考えるようになったきっかけは、「SUGIZO's WILL」というSUGIZOさんのオフィシャル・ブログ。
とにかく、各コメントの一つ一つが長くて、しかも記事に対するコメントというよりも、自分が今考えていることを書いているように見える人もいます。

それらを見ていて、そういったことは、自分でブログを開設して、自分のブログに記事として書いてトラックバックをした方がスマートなのではないかな?
と、思うようになりました。

調べてみると、「gooブログAtoZ 第5回:コメント、トラックバックでコミュニケーション」には、
「また一般的に、人のブログに長文のコメントを残すのは敬遠される傾向があります。」
とあり、コメントとトラックバックを使い分けた方がいいと書かれていました。

ただ、それがスタンダードかどうかまだ自信がないので、この記事から「SUGIZO's WILL」にはトラックバックを送っていません。

他の方の意見を聞いたり、自分でももう少し調べた上で考えて、考えがまとまったらコメントのマナーの記事を書いてトラックバックしようかな、とは思っています。



週刊ブログランキング参加中!

ブログランキングranQ参加中!






posted by yukkie at 04:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ
この記事へのコメント
yukkie さん、こんにちは。ブログ入門講座の oKi です。
このたびは、TB&ご紹介、ありがとうございます♪

コメントの長文は、そのブログによると思います。
僕の友人の Movable Type を使ったブログを運営している Kota さんの Under The Red Sky では、
http://redsky.under.jp/blog/
読者さんからのコメントが自慢です。
それに負けじと返信もしています。

相手先のブログの雰囲気を見て、コメントされたらどうでしょうか?
また、yukkie さんがおっしゃる通り、自分のブログへ意見を書いて、TBもありだと思います。

ただ、自分のブログのコンセプトに合わないとできませんね。。。(^^;)

今後とも、よろしくお願いします♪
Posted by ブログ(ウェブログ)入門講座〜今日からブロガー at 2005年05月01日 13:21
oKiさん、はじめまして。
さっそく、コメント下さってどうもありがとうございますm(_ _)m。
嬉しいです。

また、コメントについてアドバイス下さってありがとうございますm(_ _)m。

Kota さんの「Under The Red Sky」、さっそく拝見させて頂きました。私もミュージシャンのファン・ブログをやっているので、その点でも大変参考になりました。

「Under The Red Sky」を拝見して、やはりブログ運営者の性格や雰囲気を読んで、コメントすればよいのだな、とよくわかりました。

上記記事内であげた「SUGIZO's WILL」は、運営者のSUGIZOさんがコメントを全部読んで、その次の記事をアップするときに、その記事内でレスをする、というような形でスムーズに進んでいるようなので、長いコメントでもOKなのかもしれないですね(イヤならレスしないでしょうから……)。

また、oKiさんがおっしゃるように、自分のブログとコンセプトが合わないと記事としてTBできないでしょうし、誰もがSUGIZOさんに関するブログを開いているとは限らないので、長いコメントはTBで……と一概には言えないですね。

すごく参考になりました。ありがとうございましたm(_ _)m。

今日、メールマガジンも登録させて頂きましたので、今後ともよろしくお願い致します。

まだブログを始めたばかりなので、oKiさんのブログを参考に、今後も勉強させて頂きたいと思います。
Posted by yukkie at 2005年05月02日 03:26
yukkieさん、初めまして。
私のつたない記事にトラックバックありがとうございました。
帰省につきご挨拶が遅れまして申し訳ないです。

自分と同じようなことを考えている方がいらっしゃって何だか嬉しいです。
全てのブログユーザーが正しい使い方をしていけるように
私も無力ながら情報発信をしていきたいと考えています。

またお邪魔させていただきますね(^^)
Posted by mido at 2005年05月05日 20:53
midoさん、初めまして。コメント下さって大変嬉しいです。

> 私のつたない記事にトラックバックありがとうございました。
> 帰省につきご挨拶が遅れまして申し訳ないです。
とんでもございません!
トラックバックについては、私も何度か「????????」というトラックバックを受け取ったことがありました。
midoさんの記事を拝見して私と同じことを考えていらっしゃるようで嬉しく思い、また私の文章よりもわかりやすく説明していらっしゃったので、トラックバック&ご紹介させて頂きました。

> 全てのブログユーザーが正しい使い方をしていけるように
> 私も無力ながら情報発信をしていきたいと考えています。
私はまだブログ初心者なので、ブログのマナーについて「これってどうなんだろう?」と悩む時が多々あります。
そういった時に、是非ともご意見を参考にさせて頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m。
Posted by yukkie at 2005年05月06日 02:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。